オトとヒカリα -モノに囲まれた生活もいいでしょ-

モノに囲まれた生活もいいでしょ

オトとヒカリα

外音なんて気にしない! 耳にフィットする低反発イヤーピース『CRYSTAL TIPS』を紹介

こんにちは、ゆーすふる(@yo_uthfulです。  

 

最近のイヤホンはAirPodsのような無線独立型が結構多くなってきましたが、有線イヤホンの主流は耳の中にイヤーピースを入れるカナル型のイヤホンだと思います。

XBA-N3 | ヘッドホン | ソニー

 

みなさん、このイヤーピースどうされてますか?

結構悩んでいる方も多いはず。

僕もその一人で、色々試してみてはいるのですが、

今日は、その中から耳にフィットするイヤーピースの紹介です。


f:id:otohikarialpha:20190317233238j:image

 

 

イヤーピースのサイズは人それぞれ

 

最初にみなさん悩むのがサイズではないでしょうか?

イヤホンを購入すると、イヤーピースの交換用が付いてくると思いますが、サイズがS、M、Lのような形でいくつもあることが多いですよね。

自分にはどれが1番良いサイズなのか悩む方も多いのでは?

 

まず、耳の大きさが人それぞれなのは言うまでもないですが、左右の耳でも耳の穴「外耳道」は大きさが異なるそうです。

 

したがって、自分に適しているイヤーピースのサイズも人によっては左右で違うかもしれません。

実際にイヤーピースをつけてみてもしっくりこないという人は左右のサイズを変えてみても良いかもしれません。

 

イヤーピースをフィットさせる

 

カナル型イヤホンの場合、自分の耳にイヤーピースをフィットさせることには大きな意味があります。

耳に装着する際、隙間があいてしまうと、

そこから外音が入ってしまいノイズとなってしまう、また、イヤホンからの低音領域がうまく伝わらなくなってしまいます。

フィットさせることで音楽を最大限に楽しむことができるようになるのです。

 

f:id:otohikarialpha:20180523133254j:plain

 

電車内など、ノイズの多い環境でも使用するポータブルオーディオにとってはとっても大事なことなのです。 (・・・と思っている。)

 

CRYSTAL TIPS

 

今回購入したCRYSTAL TIPSは、イギリスうまれのイヤーピース。Amazonなどで購入できます。

 

f:id:otohikarialpha:20190217125814j:plain

 

これで6個入っているので、3セットということになります。

サイズもあるので、自分のイヤホンに合うサイズのものを探しましょう。

 

 

さて、購入したらCrystal Tipsを早速装着してみましょう。

装着方法は至って簡単。

 

f:id:otohikarialpha:20190217125844j:plain

 

まず、自分のイヤホンのイヤーピース部分を外します。

ちなみに僕はいまSONYのXBA-N3というイヤホンをメインに使っております。

今回購入したCrystal Tipsはサイズがコア/サイズと分かれています。

ここは注意が必要です。

 

コア:差し込むイヤホン側の径

サイズ:本体がはいる自分の耳のサイズ

 

サイズは人によって変わりますが、コアはイヤホンによって変わることになります。

僕の場合、XBA-N3ではコア/サイズ、M/Mで装着できております。

参考までに。

 

イヤーピースはこれまでSONY純正のコンフォートイヤーピースというものを使ってきました。

イヤホン購入時から付属してきたものですが、密閉性も高くかなり良い使い心地でした。

こちらもおすすめ。僕もストック持ってます。

 

イヤホンにプスッと差し込むだけです。

なんだか見た目もかっこよくなりましたね。

イヤホンのケーブルに「キンバーケーブルφ4.4mm」を使用していて、太くてごついケーブルなのですが、これにも見合うイヤーピースになっている感じ。

 

f:id:otohikarialpha:20190217130041j:plain

 

そしてこのイヤーピースのポイントがこちら。

手で握るとイヤーピースがグニュッと潰れるんです。

 

f:id:otohikarialpha:20190217130059j:plain

 

下の写真をみてください。

手で潰した部分、形状が変化しているのがわかりますよね?

そうです。

このCryatal Tiipsは低反発イヤーピースとなっており、

手で小さく潰してから耳に装着することで、次第に形状が戻っていき、

耳のサイズにジャストフィットするイヤーピースなのです。

考えた人頭いいなーぁって唸ってしまいそうなレベル。

 

f:id:otohikarialpha:20190217130117j:plain

 

実際に装着してみると、密閉性がとても高い。

ちょっとノイズキャンセルでも入っているのではというくらい、

外音からは遠くなったような感覚です。

フィットしているとはいて、装着感に無理もなくとっても自然。

なかなか良い感じ。

 

日本で輸入販売をしている完実電気さんのページ説明でみてみても、

2015年James Howellにより、イギリス ロンドンで設立されました。 今までにない耐久性と性能と音質、さらに心地よいフィット感を求めて、製品開発はスタートしました。「Crystal Tips」と名付けられたイヤーチップの設計は、3Dプリンターを活用し最適な弾力性を獲得。抜群の装着性、音場のクリアーな広がりと遮音性を実現しています。さらに、生産を「無塵室」で行うことにより、不純物等の混入を防ぎ、高い品質を維持する生産体制を整えています。 「Crystal Tips」は、イギリスでの生産にこだわり「MADE IN BRITAIN」としています。

https://kanjitsu.com/product-brand/crystalline-audio/

 遮音性とフィット感にこだわりを持っているということですね。

 

肝心の音質は?

 

装着感からの期待通り、フィットしているため、しっかりと低音が伝わってきます。

外音からも切り離される感覚があるので、

音楽にもとっても集中できます。

ヴォーカルも聴きやすいし、ドラムの音とかはホントにしっかり伝わってきます。

通常のイヤーピースでは伝わってこない細かい音が伝わりやすくなりますね。

特に外音が大きい電車の中などでは、音量を少し小さくしても聴こえやすくなりました。

 

密閉性があがって、音がこもりがちになるのかな?とも少し心配したのですが、

そんなこともなく、中高音領域もしっかり拡がりを感じます。

外出先でもできるだけ良い音を聴きたいなと思っている僕にとっては、

値段がそこそこするだけあって、効果は大きそうです。

 

ただし、弱点もあります。

 

 

寿命があります。

 

そうなんです。

この低反発イヤーピースは使用していくとだんだんと低反発具合にヘタリがでてきます。

最初は固め、でも潰すとぐにゃっとなってその小さくなる形状をちょっとキープしてくれて、耳にスポッと入れることができますが、

3ヶ月くらい経つと、手でギュッとしてもスッと形状が戻ってしまう。

低反発→反発イヤーピースになってしまうのです。

 

使用していると劣化していき、密着感がだんだん損なわれてしまいます。

数ヶ月単位で買い替えが必要となる点は注意点です。

 

まとめ 

 

全体的には僕にとってはそれでも価値のあるイヤーピースだなと感じました。

まとめるとこんなかんじです

 

  • 密閉性は段違い。低音がしっかり聴こえる。
  • 外音ノイズも気にしなくて良くなる
  • 耳にジャストフィット
  • 外出先でも音楽に集中できる

 

  • 使用経過で劣化し弾力がなくなっていく
  • 買い替えるには結構値段が高い

 

密閉性と外音ノイズを気にしなくて良いのはとっても大きい。

耳にフィットする、低反発イヤーピース CRYSTAL TIPSの紹介でした。

 
 

 

 

 

オトとヒカリαはにほんブログ村に参加しています。

投票いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村